大野城市
助成金情報はこちら↓
























介護福祉士実務者研修(通信課程)


介護福祉士を目指す方の必須講座
(介護福祉士試験の実技試験が免除されます)

介護職のキャリアパスが大きく変更され、
2016(平成28)年度からは、3年以上の実務経験をもつ人でも「実務者研修」を修了しなければ介護福祉士国家試験を受験できなくなります。
当校のカリキュラムは2週間に一度程度でじっくり学べます。


令和3年新年度 特別キャンペーン

受講料69,000円 (税込・テキスト込)

期間内から無資格者の方も74,000円で受講可能です。
福岡県内、最安価格となっています。
消費税10%込み価格となっています。
有資格者であっても全テキストを配布します。(介護福祉士の受験対策に活用ください。)

お持ちの資格により受講料が変わります。
無資格者:108,000円(テキスト代税込)原則として現場経験者(相談可)
介護職員初任者研修有資格者:98,000円(テキスト代税込)
訪問介護員1級有資格者:98,000円(テキスト代税込)
訪問介護員2級有資格者:98,000円(テキスト代税込)
訪問介護員3級有資格者:98,000円(テキスト代税込)
介護職員基礎研修有資格者: 28,000円(テキスト代税込)

※介護職員基礎研修をお持ちの方で医療的ケアのみを受講希望される方のスケジュール等は、お問合せください。

ハローワークの教育訓練給付金の対象者は受講料の20%
19,600円が支給されます。(注:受講料98,000円の場合)


介護福祉士実務者研修受講のメリット

メリット1.介護福祉士の受験資格が得られます

厚生労働省は、介護の現場で働かれている方のキャリアパスを「初任者研修修了者」「介護福祉士」「認定介護福祉士」と示しています。現在、介護福祉士国家試験の受験資格は「実務経験3年」ですが、平成27年度(平成28年1月から適用)介護福祉士国家試験から、「実務経験3年」+「実務者研修」の修了が必須となります。


メリット2.介護福祉士試験の実技試験が免除

実務者研修修了者は、介護福祉士国家試験の実技試験が免除され、都道府県が行う「喀痰吸引等研修」を受講する必要はありません。実務者研修を修了者は介護福祉士国家試験の実技試験が免除されますので、筆記試験の合格で介護福祉士国家資格を取得できます。(但し、喀痰吸引等の実施のためには実地研修を修了することが必要)。

メリット3.待遇面の向上が期待できる

実務者研修を修了すると、グループホームや老人ホーム、訪問介護事業所では、サービス提供責任者として働くことができるため、就職に有利な資格であり、待遇面の向上も期待できます。

メリット4.介護の現場で「たん吸引」や「経管栄養」等の一部医療行為ができる

「たん吸引」や「経管栄養」は医療行為と位置付けられているため、医師や看護師等の医療資格者でないと行えませんが、実務者研修の修了者は実地研修を受ければこれらの行為を介護の現場で行うことができます。

講座日程  

@令和3年4月11日(日)開講
 【会場】福祉情報センター博多校

募集 定員になり次第締め切ります。

募集
定員
開講日
2回目
3回目
4回目
5回目
12名
4/11
(日)
4/25
(日)
5/9
(日)
5/23
(日)
6/6

(日)
6回目
7回目
8回目
9回目(医
10回目(医
6/20
(日)
7/4
(日)
7/18
(日)
8/1
(日)
8/22
(日)

※受講時間は9:30〜16:40の全10回(初日は午前中のみ)
修了予定日  令和3年8月22日 (有資格者)
                令和3年10月10日 (無資格者)
※補講の場合補講料が別途必要です。
無資格者の受講生は6ヶ月間の期間の研修課程となります。よって修了要件を全て満たした場合でも修了証書の交付は開講日6ヶ月後となります。


介護福祉士を受験の方は、「実務者研修修了見込証明書」を発行いたします。実務者研修資格取得後に修了証を提出の流れになります。
詳しくは、「社会福祉振興・試験センター」のホームページを参照願います

A令和3年5月16日(日)開講  
 【会場】福祉情報センター博多校

募集 定員になり次第締め切ります。

募集
定員
開講日
2回目
3回目
4回目
5回目
12名
5/16
(日)
5/30
(日)
6/13
(日)
6/27
(日)
7/11

(日)
6回目
7回目
8回目
9回目(医
10回目(医
7/25
(日)
8/8
(日)
8/29
(日)
9/19
(日)
9/26
(日)

※受講時間は9:30〜16:40の全10回(初日は午前中のみ)
修了予定日  令和3年9月26日 (有資格者)
                令和3年11月15日 (無資格者)
※補講の場合補講料が別途必要です。
無資格者の受講生は6ヶ月間の期間の研修課程となります。よって修了要件を全て満たした場合でも修了証書の交付は開講日6ヶ月後となります。


介護福祉士を受験の方は、「実務者研修修了見込証明書」を発行いたします。実務者研修資格取得後に修了証を提出の流れになります。
詳しくは、「社会福祉振興・試験センター」のホームページを参照願います


「介護福祉士実務者研修」は介護福祉士国家試験受験のための必須資格となります。介護福祉士試験の実技試験が免除される課程のため一定のレベルに達した方が修了できます。
無資格者で現場経験等が無い方で基礎から学びたい方は
介護職員初任者研修課程」をお勧めいたします。

※受講者の負担を少なくするために必要以上の経費をかけずに価格をおさえています。
手作りの資料(受講の手引き・添削問題集)などを取り入れ、当校で出来ることはすべておこなっています。


2申し込の流れ
@申込用紙またはWebの申込フォームに必要事項を記入・入力し、郵送・Web手続きにより申し込む  申込・用紙はここから
開講日(初日)以降の申込みの際はお問い合わせ願います。
A申し込み内容を確認後「申込確認書兼受講決定通知書」「受講の手引き」を送付
B受講者は上記書類到着後、指定の期日までに受講料等を納入する。

ホームページでの講座申込みはこちらから


2講座概要(研修の概要)

対象 原則、介護の資格保有者もしくは介護現場経験者
(年齢不問)
受講料 無資格者:108,000円(テキスト代税込)原則現場経験者
介護職員初任者研修有資格者:98,000円(テキスト代税込)
訪問介護員1級有資格者:98,000円(テキスト代税込)
訪問介護員2級有資格者:98,000円(テキスト代税込)
訪問介護員3級有資格者:98,000円(テキスト代税込)
介護職員基礎研修有資格者: 28,000円(テキスト代税込)
(キャンペーン時はキャンペーン価格が優先となります)

※分割払い可能(3回)
※補講料は別途一時間3,000円が必要です。
(他クラスの振替可能な場合は無料)
当講座は教育訓練給付金の対象講座となります。
修了者で教育訓練給付金の対象者は受講料の20%が支給されます。
(受講中に学校へ申し出が必要です)
テキスト 日本医療企画のテキストを使用
受講内容 1.家庭学習
◎添削問題、全8回提出

2.スクーリング講義/所内演習
◎全10回 9:30〜16:30 

特 典 当校で他コースの講座を受講された方、当校卒業生より紹介の方は、受講料より2,000円割り引きいたします。
指定番号 九厚発1205第31号